アクセスアップのためのSEO対策

SEO(Search Engine Optimization)とは日本語で「検索エンジン最適化」といい、具体的には「Yahoo!」「Google」「MSN」などの検索エンジンで任意のキーワードで検索した際、検索結果の上位に表示されるようにサイトを「最適化」する方法のことです。


代表的なSEO対策

タイトルのキーワード
SEOでもっとも大切な要素のひとつが、titleタグの設定です。titleタグは、サイトの内容を適切に表し、かつ上位表示したいキーワードを含むものがベストです。但し、titleタグに効果があるからといって、文章を詰め込みすぎては逆効果になります。少ない文字数であるほど、そのタイトル文に対する重み付けが増すからです。

metaタグの利用
基本的に「Google」などの検索結果の紹介文は、titleタグ+metaタグの内容が表示されます。
ページごとに、<head>から</head>の間に下のようなタグを挿入します。





「description」の「任意の文章」に上位表示したいキーワードを含むサイトの内容を適切に表した文章を書きます。
「keywords」の「任意のキーワード」にも上位表示したいキーワードを書きましょう。「任意のキーワード」には「アクセスアップ,アフィリエイト」のように半角コンマで区切っていくつか並べることができます。

但し、上記のmetaタグは過去にこのタグを悪用したスパムが横行したため、以前ほど有効ではありません。ここにキーワードを詰め込みすぎると逆効果になるので、必要最低限のキーワードを書くことがコツになります。

キーワードに重み付け
重要なキーワードにはstrongタグを付けておきましょう。




<strong>タグのほかに以下のタグでキーワードに対して重み付けをすることが可能です。




但し、SEO施策すべてにいえることですが、やりすぎは禁物で、効果があるからといって上記のタグを多様すると逆効果になります。

さらに、レイアウト時に使用するセンタリング系のタグもキーワードの重み付けをすることが可能です。